チャンピックスでも禁煙できなかった

チャンピックスでも禁煙できなかった

禁煙する為に色々試して最後の望みだったチャンピックスでも駄目だった…そんなお仲間さんは何人いますかね?チャンピックス以外の禁煙方法も載せますので一応試してみてはいかがでしょうか?

チャンピックス以外に禁煙できる方法は?

禁煙を目指す人が増えてきてはいるものの、それを達成するのが難しいことから多様な禁煙方法が広まってきています。
その中でも病院の禁煙外来を受診してチャンピックスを処方してもらうことにより禁煙を目指す方法は治療という観点からも信頼性が高く人気のあるものです。
しかし、必ずしもチャンピックスを用いる禁煙治療が万能というわけでもなく、中には禁煙治療を断念しなければならない人もいます。
また、医療費も大きくかかることからチャンピックス以外の禁煙方法も多くの禁煙を希望する人から注目されています。
最も初期に登場したのがニコチンガムやニコチンパッチです。
タバコをやめるのが難しい理由としてニコチンによってもたらされる精神的な心地よさへの依存が大きいものとされています。
そのため、ニコチンへの依存をタバコからガムやパッチへとまずは移行させることでタバコをやめるというアプローチです。
一方、禁煙のもう一つの大変さがヘビースモーカーとなればなるほど口元が寂しくなるという点があります。
禁煙の際には飴やガムなどでそれをごまかすということも行われていますが、それを大きなストレスと感じる人も少なくありません。
それを克服する方法として電子タバコが開発されています。
タバコのように口にくわえて吸うことができるものの、使用するのはフレーバーのついたリキュールであってタバコのような健康への悪影響がないとされているものを用います。
タバコと同じような形で利用できることから効果が上がりやすい方法として徐々に広まってきている方法です。
この他にも禁煙パイプや禁煙飴などの禁煙グッズが開発されており、チャンピックスを選ぶ以外にも多様な選択肢があります。

薬を使わない禁煙方法

禁煙の成功率をアップさせる為にはチャンピックスを利用するのが良いとされています。チャンピックスは禁断症状を軽くしてくれたり、煙草の味を不味くさせて依存度を低くさせてくれる働きがありますので、禁煙に成功できる可能性をアップさせる事ができるのです。
禁煙をサポートしてくれるアイテムとして、ニコチンガムやニコチンパッチなどもありますが、それらのグッズよりもさらに効果的と言われていますので、本当に煙草を止めたいと感じている時には利用してみるのも良いのではないでしょうか。
しかしながらチャンピックスは薬ですし、薬に頼らずに禁煙をしたいという方もいるかと思われます。薬を使わず自然に止められるに越した事はありませので、自力で禁煙に挑戦するのも良いかもしれませんが、しかしながら自力で禁煙に成功できる可能性は非常に低いようです。我慢する方法などで禁煙に挑戦される方は多いようですが、途中で断念してしまったり、結局喫煙者に戻ってしまったという方も多いのです。
やはり上手に禁煙をする為には薬を利用した方が良いと言えますし、薬を使うと言ってもずっと使い続ける訳ではありませんので、一時的な利用と考えれば気軽に使えるようになるのではないでしょうか。チャンピックスは基本的に12週間を目途に利用する事になりますが、12週間だけ薬に頼ってみるのも良いかもしれません。いつまでも禁煙に成功できず喫煙を続けてしまう事の方が体への悪影響になる事は明白ですので、薬を利用する事とズルズルと喫煙をしてしまう事を天秤に掛け、どちらの方が自身にとって良いのか考えてみる事をおすすめします。
もちろんチャンピックスを利用すれば100%禁煙に成功できるという訳ではありませんが、自力で禁煙に挑戦するよりも格段に成功できる可能性は高まると言えます。

チャンピックスで駄目なら禁煙諦める?

チャンピックスを用いる禁煙治療は最も信頼できる禁煙方法の一つです。
ニコチンに対する依存性が医師によって診断された場合には保険適用となることからも国として推奨している治療方法であるということが明確であり、禁煙外来を受診してチャンピックスを処方してもらうことで禁煙に取り組むのは最良の手段であってこれが駄目なら他には手だてはないと考えてしまう人もいます。
しかし、どんな方法においても個人によって合う合わないという問題があることを忘れてはなりません。
チャンピックスによる治療も万能ではなく、副作用によって治療継続が困難になる場合もあれば、チャンピックスを服用していても禁煙のストレスに堪えきれないという人もいるのが事実です。
そういった場合にも保険治療ではなくても多様な禁煙方法が開発されてきていることから、その一つを選んで試してみることに価値があります。
ニコチンへの依存が問題となっているのであれば禁煙パイプを用いるというのが一つの方法であり、徐々にニコチン量を減らしていくことによって依存から脱却することができると期待できます。
また、ニコチンの影響が大きいもののすぐにでもタバコをやめたいという人にはニコチンガムやニコチンパッチを利用することでまずはタバコをやめるというステップをクリアできる可能性が高まります。
そこからニコチンの減量を図っていくことで完全に脱却することができるでしょう。
一方、電子タバコもタバコ自体をすぐにやめられることに加えて、ニコチンの減量という観点や口元の寂しさの軽減という観点からも良い選択肢となります。
こういった多様な禁煙アイテムが登場していることから、チャンピックスで失敗しても自分に合う禁煙方法を求めて試してみることができるため、必ずしも禁煙を諦める必要はないのです。
■お手頃価格で再度禁煙スタート!
禁煙外来で失敗した方は薬を通販で購入しましょう