チャンピックスでも禁煙できなかった

禁煙する為に色々試して最後の望みだったチャンピックスでも駄目だった…そんなお仲間さんは何人いますかね?チャンピックス以外の禁煙方法も載せますので一応試してみてはいかがでしょうか?

病院を移る時の紹介状とチャンピックスでグルメ舌に

1度目の禁煙治療で失敗して、2回めのチャンレジでは他の病院に移りたいという時には、紹介状を持参したほうがスムーズに治療できる可能性が高いです。
特に、規模の小さな禁煙外来から大きな病院の外来に移りたい時には、紹介状がないと診察を受けられない可能性が高いです。大学病院だと、基本的には紹介状がないと診察は受けられないことになっています。
禁煙治療薬として使われているのは、チャンピックスです。FDA(アメリカ食品医薬品局)で禁煙成功率No.1というお墨付きがついている薬で、禁煙中のイライラを抑えながら禁煙に取り組めるのが特徴です。従来までの禁煙治療薬には、禁煙中のドーパミン切れを抑えるために、微量のニコチンが含まれていました。脳にあるニコチン受容体にニコチンが結合することでドーパミンを放出させて、ドーパミン切れによるイライラを抑制させるためです。
しかし、チャンピックスにはニコチンは一切含まれていません。代わりに使われているのは、バレニクリンという有効成分です。バレニクリンはニコチン受容体に結合して、少量のドーパミンを放出させます。また、ニコチンが入ってきても受容体と結合出来ないようにして、タバコを吸った時の快感を感じにくくさせます。
チャンピックスで禁煙成功出来れば、食べ物が美味しく感じられるようになります。グルメ舌になれます。今までタバコで舌がバカになっていた人ほど、グルメになれます。グルメになりすぎて食べ過ぎて太ってしまうという人もいますが、それに対しては禁煙治療が一段落したら運動や食事療法を行って徐々に体を元に戻していくと良いでしょう。今まで感じられなかった食事の美味しさがわかるようになります。